香害について

最近寒さが更に増し、冬本番!という感じになってきましたね。
さてさて。最近小耳に挟んだのですが、なにやら、「香害(こうがい)」という公害が出回り始めているという・・・。

もう読んで字の如く、ですが、香りによって引き起こされる公害ですね。
ウィキィペディア早速調べました!!
香水や香りつき洗濯洗剤・柔軟剤などの香料に含まれる香り成分に起因し、頭痛やアレルギーなどの症状が誘発され、健康に害を受けることである。とされていますね。

アロマなどの天然植物系の香りの事ではないようですが・・・気になりますね。
仕事柄、香りの好みは本当に個人差が大きく、いつもブログで触れさせて頂いていますが、
不快な香りだと感じてしまうと、本当に効果が無くなってしまいますので、香りの好き嫌いについてはかなり慎重になっております。

もっと調べてみると、症状として不快感のみならず、咳・喘息や頭痛、吐き気といった身体症状を発する事もあるそうです!
確かに、人工的な香水や柔軟剤の香りだけでなく、日常生活においてこれは耐え難い!!という匂いも沢山溢れていますよね。
ずっと嗅いでると意識が遠のいて・・・なんて話も聞いたことがあるくらいですからね。
嫌いな香りの中に居るという事はもうほんっとーーーに、イライラするし疲れるし・・・意識が遠のくのも分かります(笑)

ここ数年、本当に色々な種類の柔軟剤が出回っていますよね。どれが良いのか小一時間迷うくらい・・・。
更に更に!香りビーズなんてのもあるじゃありませんか!もう香りづけだけの為の。
本人が好きな香りでも家族は受け付けない香りだとか、それでちょっとしたバトルに発展するなんて、あるあるですよね~。

アロマオイルに関しても、本来の植物から採れた100%天然物ではない加工品なんかでも、アロマオイルとして販売しちゃってるものも多いので、うっかり職場なんかでアロマオイル~とかいって拡散して気分悪くなられる方もいらっしゃるようです。

時代の流れで本当に良くも悪くも様々な香りの種類が増えてしまって、それで辛い思いをされる方も増えてきてらっしゃいますね。

自分は好きな香りでも必ずしもそれは周りの方全てにあてはまるモノではないので、今まで以上にアロマ以外でも、公共の場での香りに気を付けて生活しなければならないな~と感じました。

そしてもう12月ですね!!私は今年は10月あたりから何だかんだ一人でバタづいています・・・
今年の疲れは今年のうちにリフレッシュして、来年に備えましょう♪
寒くて身体が縮こまる時期ですので、アロマでまったり心身を休めに是非、おいで下さい♪
お待ちしております☆

市販のハンドクリームの思い出

とうとう11月になりましたね☆
連日朝晩冷え込みますが、風邪などひいておられませんか?

さて。肌が乾燥する時期に突入です!ハンドクリームが恋しい今日この頃。
私はアロマテラピストでありながら、ついつい市販のハンドクリームを使う事が多いです(笑)
パッケージも可愛く、色んな香りのハンドクリームが売られていて、めちゃめちゃ良い匂いするじゃないですか♪
誘惑に負けて購入してしまっていますが、我が家では、昔からずっと身近に置いてあるクリームがあるのです。

もう、産まれた時から。

このクリームは、祖母が愛用していたものです。
小さい頃から、いつも祖母が大事そうに毎日使っているのを見ていました。
化粧する前、お風呂上り、などなど。私たち孫が手が荒れたりするのを見つけるとすぐ塗ってくれたりしていました。
容器に沿って、うすーく、うすーく、表面が平らになるようちびちびと、綺麗に使っていたのですがある日、好奇心に抗えなくなり、自分の指をそのクリームの中に突っ込んで大きな穴をあけてしまったのです!
普段厳しい祖母だったので、めちゃくちゃ怒られる!!!と身構えたのですが
意外にそんなに怒られず・・ただ少し悲しそうにその穴を埋めていたのを見て、これは怒られるよりも辛い(悲しい)・・・
おばあちゃん、ほんまにごめんなさい。。。となった記憶があります。

事あるごとにそのクリームをよく塗ってくれた祖母。
「これが一番ええ!これを使いんさい!」
といつも言われ、私も気付けばこのクリームが家にないと落ち着かなくなっています。

アロマの仕事をしていると、肌荒れとかほとんど無いのですが、アロマトリートメントのお仕事が無い日が少し続いたりすると、ガサガサしてきます(笑)
魅力的なハンドクリームもいいのですが、本当に困った時はやはりこのクリームを塗ると、速攻で復活します。
気の問題かもしれませんが、やはり、なんだかんだ私にはこのクリームが一番合っているなと思っています。

祖母はもう10年ほど前に他界しましたが、このクリームがずっと変わらずここに居てくれているので、私の心の中に祖母がずっと居続けていてくれているような感覚があります。

アロマの話題とは少し逸れてしまいましたが、ブログを書いていると自分の事を書きたくなってしまいますねぇ・・・
こうやって自分の大事な思い出などを改めて文字にすると、気持ちが更に自分も、周りの人も、大事にしていこう!と思うようになります。

自分の事が嫌いになったり、どうでもいいや!と人生を投げ出したくなったり、どうしたらいい?って迷ったりする事って、多かれ少なかれ誰にでもあると思います。

過去に大事にしてもらった経験や素敵な出来事を思い出すたびに文章に書き残すって行為をすると
それが何よりもこれからの自分を励ましてくれるんじゃないかと、ここにきて人生初のブログを始めたばかりの私は思いました。

まとまりのない文章になってしまいましたが・・・今後もコツコツ続けていければいいな~と思いました(*^^*)

手荒れ予防等アロマクラフトの紹介はまた追々追加していきたいと思います♪

季節の変わり目。秋から冬に・・・

こんにちは♪
いよいよ寒さが本格的になってきつつありますね!
身の回りでも、風邪ひいた~とか、鼻水が止まらない~とか、ちらほら耳にします。
そろそろティートゥリー、サイプレス、ローズマリーなどが大活躍する時期ですね☆

体温は免疫力と大きく関連していて、体温が1度下がると免疫力は3割も低くなるといわれています。
身体を温めて代謝アップするのももちろんですが、免疫力を高めるティートゥリー・ラベンサラ・レモン・ユーカリなどをお部屋に拡散してもらうといいかなと思います。

当サロンも、この時期はもうティートゥリー・ユーカリ・レモンなどを毎日焚いてお客様をお迎えしています。
そのおかげか?まだ元気いっぱいです♪

もう10月が終わります。あと2か月で今年も終わりなのかぁ・・・
年々、時の経過が早くなる・・ような・・・
子供の成長も早く、もう来年は我が家では上の子が中学生になります。
こないだ産まれたばっかりやのに~~~って、淋しくもあり、ここまで無事育ってきてくれた事にも感謝しつつ
時の流れに流されずしっかり見届けていきたいと思います!

年末に向け忙しくなるこの時期。
しっかりアロマを活用して頂いて、様々なウイルスにも負けず元気にお過ごしください♪

学ぶこと。

こんにちは♪ 珍しく更新が早いですよ~(笑)

さてさて、テレビで拝見させて頂きました、ノーベル医学生理学賞受賞された本庶教授。
がん免疫治療薬「オプジーボ」のもとになるたんばく質「PD-1」なるものをを発見されたそうですね。
私も、今年の春に、父をガンで亡くしていますので、他人事とは思えずじっとテレビを見ていました。

そこで本庶教授が、「まず疑ってかかる事が大事」とおっしゃっていました。
教科書に書いてあるものは信じない。自分の目で確かめるんだと。確かに。
自分で経験していないものはやはり、どこか嘘くさく感じるというか・・・
でも、教科書に書いてあるんだからまちがいないだろうと、感じないフリ?をするような・・・

これは自分にもあてはまるな・・・とハッとしました。
アロマの勉強をしたといっても、テキストに書いてあるものを暗記し、それが合っているんだと思い込む事は少し違うような気がします。
精油についても、この症状にはこれがいいと教科書に書いてあった・・・から、勧める。
中には、自分の身をもって体験しているものもあり、全てが、ではないですが、考えさせられました。
お客様と一緒に精油を選ぶ時、「最近眠れなくて・・・」「肩こりがひどいのよねぇ」「足がいつも冷たくて辛いです」などヒアリングをしながら、ああ、こういった症状にはこの精油が適切だな、とオススメしたりしていますが、やはり、中には、勧められた精油の香り、効くのだろうけど香りが合わない・・・けど、効く(って勧められた・教科書に書いてある)んだから、これでいいです!といった方も多くおられて、私も、自分で体感した事の無い精油に限っては、良くなる(って勉強した!)と思うので、使ってみましょうか♪などと安易に使用してしまう・・・
結果、それほどでもなかったり・・・失敗も沢山してきました。
かえって、効果にとらわれず心地良いと感じる香りでトリートメントするほうがお客様の満足度がぐーんと上がるのだなと最近は感じてきていたのです。
アロマの香りは、自分の身体が必要だ、と感じる時にその香り(成分)を好きになるので、自分のコンディション次第でひとつの香りが好きになったり嫌いになったりします。現に私もそうなので、こうやって、自分が体験してみて初めて、ああ、そうだな、と納得する事がやはり大切なんだなと確認しました。
人に施すばかりで、自分の身体に少し無頓着だったかな・・・と反省です。。。
これからは実際に自分の身体でもガンガン試して経験を積んで、もっと深みのあるセラピストになっていきたい!と強く思いました。

お風呂での惨事(ToT)ヘリクリサム

こんにちは♪ 気付けばもう10月になってしまいました💦
しかも昨夜は近畿地方、台風がまた・・・。
来週もまた週末にやってくるとも言われていますね。もう何回来るんよー💦

さて私、三日ほど前、お風呂場ですべって転んで・・・左足人差し指という何とも微妙な部分を打ち付けてしまいました・・・
骨やられたかっていう位、ここに全体重が乗っかってしまったようで、めっちゃめちゃ痛い!!

他の部分も打っているのは確かですが、ここが痛すぎて他どこ打ったかわからない位・・・歩くのも痛くて、
通常ならキレイに元通りになるまで1~2週間くらいかかる位の怪我だな・・・
とりあえず、出血はしていなかったので、打撲に最強に強いヘリクリサムを使用してみる事にしました。

痛いなぁー思いながらとりあえず!ヘリクリサムをホホバで少し薄めて一滴塗布し就寝。
次の日。まだ力を入れると痛いのでまたヘリクリサム原液一滴。
一晩経てば普通は腫れ&赤紫に腫れあがるのですが・・・まあ腫れてはいたのですが、色は全然マシでした!!!
血腫抑制作用というものががとても強いので、おおー!と感動しました。
そして動き出すと次第に痛みは忘れていき・・・
夕方には、あれ?痛み大分引いてる・・・・
念のため、またお風呂上りにヘリクリサム原液一滴。
そしてそのまま朝は痛みを忘れ。一日そのまま経過。もうかゆみが出てきていて、かきむしると当たって地味に痛い!くらいになりました!

そして、昨日。なんとなーく、太ももの裏を見ると・・・
真っ黒なアザが!!!!(;O;)ここは何も処置していない所でした。
ヘリクリサムのお陰で、驚異的なスピードで回復してくれた足の人差し指。
もし、処置していなかったら・・・(;’∀’)こんなになってたのね・・・とゾッとしました。

やっぱり、ヘリクリサム、改めて体感し。凄いです。

※プラナロム精油辞典では、応急処置として、局部的な使用に限り、原液一滴だけ塗布してもOKとなっていますので、今回思い切って原液塗布、してみました♪
ちなみにですが、前述した、血腫抑制作用というものは、「イタリアヘリクリサム」と呼ばれる品種にしかないので、使用される場合には、学名(英語でラベルに書いてあります)が、Helichrysum italicum であることを確認して下さいね♪